• yuko

32歳 エネルギー会社勤務 女性 同じ職場男性との結婚


今回お話をお聞きしたのはエネルギー会社にお勤めの女性Oさん。

年下婚を成し遂げた彼女。

ゴールまでにはいろいろ山あり谷ありだった様子です。

―お仕事は?

石油を扱う会社で、広報の仕事をしています。

夫は、同じ会社で営業。

平日は、夫の方が忙しくて帰ってくるのは22時をまわってから。

ただ週末はお互い、基本土日お休みなので一緒にいる時間は取れますね。

平日私が家事をやってる分、

休日は彼にしっかり家で働いてもらってます(笑)

―出会いは?

彼とは私が27歳くらいの時に同じ部署だったんです。

私が営業の先輩で先にいて、彼が異動してきて。

彼は3歳年下。

後で聞いたら一目ぼれだったらしく、

当時から私にも周囲にも「好きだ!好きだ!」ってアピールしてました(笑)

ただ、それが冗談なのかなと思って、私は最初相手にもしてなかったんです。

当時、27歳の私は、外での婚活真っ最中!

27~28くらいの時に、集中して合コンしてました。

合コン仲間を作って部活のように活動して。

レールに転がるように合コンしてましたね。

とにかく数打たないと、いい相手に当たらないだろうなと思って。

2年間で500人くらいに会ったかな。

でも結局、ああいう活動して実際にお付き合いしたのって2人くらい。

いいなあと思ってもお付き合いまで至らなかったのは2人。

そのうちの一人は彼女いたし(笑)

こう考えると効率悪いですねー。

合コンしてるうちに、自分がどの業界に強いかってわかってくるんですよね。

私は商社系にはウケないけど、マスコミには強いってことがわかりました。

就活みたいだ(笑)

そんな中、私が部署を異動することになったんです。

そのタイミングで、今の夫である後輩の彼に正式に告白されて、付き合うことになりました。

婚活中にはまってたものが“占い”。

その占いで、「運命の人は身近にいます」って言われたの覚えてます。

占いは今でも好きで、家を購入するときとか、人生の選択のタイミングでしてますね。

当時は、頻繁に占いに通ってまして、質問をするのはいつも「結婚はいつ?」でした(笑)

―お付き合いは?

告白されたのが部署異動のタイミングで、私は28歳でした。

彼は25歳だからまだ若いとは言え、私の方ははやく結婚したい気持ちでいっぱいでした。

結局4年付き合いましたね。

正直長かったです。

彼は社会人野球の選手で、どっぷり野球生活につかってるような人。

しかもキャプテンを務めていて、住んでいるところは野球部の寮。

筋金入りです…

そんな彼を結婚に意識を向けるためにいろいろ頑張りました。

まずは、彼の野球仲間やその奥様から

「結婚はいいよ~」「結婚しないの?」と聞いてもらって。

周りから攻めてみました。

そして私自身も、誕生日とか記念日とか、

折に触れて結婚についてどう考えてるか確認はしていました。

でもやっぱり、彼の1番は野球。

これは、彼自身が「やり切った!!」って感じるまで待たないとダメかな?

と思って途中から作戦変更しました。

野球をやるだけやって燃え尽きたら、

本人も結婚してもいいかなって気になるんじゃないかな?と思って。

当時は一分一秒早く結婚したいと思ったけど(笑)、

結果的には1年待ったのがよかったです。

時期が来たら、彼の目がしっかり結婚に向きました。

きっかけとしては、彼の野球仲間が次々と結婚し始めていて。

その流れに乗っかった感じです。

結局、私が32歳になる2日前に入籍しました。

約4年!長かったですね~。

でも長い目でみて、あの時待ってて本当によかったと思います。

あと、あれだけ結婚に関して労力と情熱をかけられたのも、

20代後半から30代前半だったからとも思います。

30代後半だったらその気力がないかも。

当時の私をほめてあげたいですね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20代後半で激しく婚活合コンしていたOさん。

2年で500人!感服です!!!

それだけたくさんの人に会ってみても、

運命の人は一番身近にいたんですね。

考え方を変えれば、それだけたくさんの人に会っているから、

身近な彼の良さに気づけたのかもしれません。

そして、占い。

岡本も20代のころはまりました。

今考えると不思議なんですが、当時は真剣に占い師のお話聞いてました。

婚活って、勉強や仕事と違ってどんなに努力しても、

先の見えない不安があります。

この不安をちょっと楽にしてくれるのが占いだったんですよね。

真っ暗闇の道を、携帯くらいの灯りでともしてくれるのが占い。

それくらいでいいんです。

結局は自分で道は探すしかないのだけど、

携帯くらいの灯りで気持ちは少し軽くなるものなのです。

そして無事お付き合いは始まったものの、最後の関所がプロポーズ…

20代後半から30代前半の4年間はきっと長かったことでしょう。

Oさんみたいに、彼がやりたいことをやり切るまで待ってみるっていうは、

忍耐はいりますがテクニックの一つではあります。

きちんと周りから(しかも信頼する友人から)のプレッシャーで根回しをしつつ、

Oさんご本人の意思を伝えて、あとは彼の気持ちが結婚に向かうのを待つ。

「北風と太陽作戦」です。

今回の場合は熱中しているものが野球でしたが、

これが仕事って男性も多いのでは?

仕事のやっかいなところは、明確な切れ目がないところ。

エンドレスで忙しいことが多いですよね。

ここで男性の言う「仕事が落ち着いたら」「もっと稼げるようになったら」は要注意。

もし落ち着いた状態になったとしても、

次の不安がやってきて、もっと頑張らないと!という心持になるらしいです。

(男性の方いかがでしょう?)

その状態に満足してればいいのにねえ。厄介ですよね。

そういう男性には、

「今のあなたで大満足でこれ以上は望むものはありません。幸せ!!」

と伝えてあげるだけで、彼の意識が変わったりすることもあります。

押したり引いたりのさじ加減。

なんて面倒くさい!!!!とは思いますが、

最後の関所を越えればゴールはすぐそこ♪

ハチドリがあなたの「箱根の関所越え」伴走いたします!

#結婚 #男性 #婚活 #女性 #yuko

11:00~20:00

​(水曜定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

instaglam

  • Black Facebook Icon

facebook​