• yuko

大手商社勤務 36歳女子の結婚感


今回お会いしたのは、大手商社にお勤めの36歳女性のTさん。

エリートサラリーマンならではの婚活苦労があるそうです。

―お仕事は?

商社で広報の部署で働いています。

それまではバリバリの営業だったのですが、

一昨年、5ヶ月くらい毎日タクシー帰りで、

週末も出勤ってことが続いた時期があって。

なんだか毎日だるいなーって思ってる間に会社で倒れてしまって。

病院にいってみたら肺炎と診断…

少し入院したあとに、1ヶ月ほど療養して復帰しました。

戻ってみたら、みんな優しくて(笑)

それもあって、去年の9月に今までよりは楽な今の部署に異動しました。

―婚活はされてますか?

思い切り婚活真っ最中です。

病気をきっかけに異動ができて心と時間の余裕がでました。

で、改めて婚活するなら今だ!!と決意してスタートしてみました。

活動は主に結婚紹介所です。

ただ、はじめて2週間くらいなのに、はやくも心が折れそうです。

結婚紹介所に入ってみて感じたのは、

この世の男性って、こんなに年収少ないんだ…ということ。

自分より年収低いのは当たり前で、6~700万円くらいでも

YESって言わないと私は結婚できない…

自分と同じくらいの年収だって思うと、50歳オーバーだったり。

友達の紹介とか自然な形で出会ってみて、

年収とか知らないで出会ったならいいけど、

お見合いみたいに最初に条件で選ぶシステムでは辛いですよね。

同じ会社の同期も、同じように婚活しなきゃ!といって

相談所に一緒に行ったんですが、

こういう人がいますよって出された男性のリストをみて

「こんなんだったら自分で探す!」って啖呵を切って入会しなかったんです。

でもそれができてないから、今こうなってるんだろ!(笑)って思いました。

結婚紹介所以外では、合コンとか友達の紹介とか。

でも、なかなかネタがないんです。

友達にお願いしても

「40代独身いるけど、どうしようもない人だから紹介できない」

とか言われて。

自分のコミュニティーでは、まともなのが残ってない。

―結婚についてはどう考えてますか?

子供が欲しいから結婚はしたいです。

うちは兄弟男三人。

上の2人には子供もいます。

ファミリーのつどいで肩身がせまいんですよ。

母親も「内孫がほしい。娘の孫と、息子の孫はちがう」とか言ってきたりして。

40歳前になって体を壊すほど仕事もしつくしたし。

老後もひとりでいるのがつらいな。

孤独死とかも、冗談じゃあなくなってくるのも怖い。

あと、結婚したらコスパはいいなとは思っているんです。

家賃も光熱費も折半だし。

40歳までは婚活したいですね。

でも40歳になったら、あきらめるかなあ。

30代ならぎりぎり子供もいけるだろうし。

―お相手はどういう方がいいですか?

先日、友達に頼んで、久しぶりに飲み会を開催してもらったんです。

3対3で。

会の途中で、出身大学の話になって。

で、女性陣は、上智、慶応、一ツ橋。

その中の、一人の男性がそれを聞いて

「だからお前の幹事の合コンは嫌なんだよなー。こんなのばっか」って。

聞いてみると、その本人は駒澤大学出身で。

相当な学歴コンプレックスさんでした。

目の前で言われて、それはもうしらけましたよ。

もう一人は、30歳弁護士で、

「北川景子とか紹介してよー」っていう勘違い野郎。

もう一人は、36歳サラリーマンなんだけど、超無口。

話をしても、一問一答の記者会見か!っていう状態。

合コン終わって、

「こういうことだから、この人たち独身なんだよねー」

って話に女子でなったんだけど、

向こうも私たちの事「だから独身なんだよなー」

って同じこと思ってるんですよね(笑)

あとは個人的な紹介で昨年末に会社の先輩から紹介された男性がいて。

ひとつ上で、コンサル会社にお勤め。

大学も大阪大学卒。

なぜか私、先方からめちゃくちゃ気に入られたんです。

私は休みの日はTV見て、ゴロゴロしたりするの好きなのに、

相手はそういうことが時間の無駄って思うタイプ。

一事が万事そんな感じで、話もあわないのに、

すごく追いかけてきたんです。

途中からラインが一回に10件以上来るようになって、ひいちゃった。

しかも、向こうは初めから結婚したい!ってテンションで更にひいちゃった。

ちゃんとお断りしました。

でもいま、お見合いしはじめてみたら、

条件だけでいうと、あの人ってかなりいい人だったんだなと思います。

私、相手のアラ捜ししてるんですよね。減点方式。

それがダメなのはわかってるんです。

お見合いも先日しましたよ。

これも衝撃だったんですが(笑)

お相手の写真は、普通にさわやかな方。

でも実際に会ったら、湿度98%くらいのねっちょりした風貌。

しかも、口臭が気になって…

お見合いの途中から、「これはないなー」って思ってました。

終わって別れ際に彼が

「僕、トイレに行きたいので、ここで」と言われたのですが、

その言ってる瞬間、彼が股間を握りしめてて(笑)

もーーーありえないーーーー!!

こちらからお断りしたんですが、

次の日、先方からどうしても次会いたいって…

最近、婚活に関して、いい思い出ないんですよね。

でも私のお見合い写真も、別人なんです…

この写真みて、待ち合わせなんてしたら

「違うよ!!」って男性全員から突っ込まれそう。

もーやりすぎですよね。

人の事、本当に言えません。

婚活がんばるぞ!!って思って紹介所入ったのに、

絶望的な気持ちになってます。

頑張りようがない…

でも、これも自分のこと分かってないよ!って話だとは思うのですが。

あーあ、なんで私こんな苦労することになったんでしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・

次から次へと、面白エピソード満載のTさん。

東京アラフォー女子の婚活砂漠地獄でしたね(笑)

30代後半の働く女子の呪い。

“私のまわりにはもっといい人がいる”

確かに、高収入女子が働いている環境には、

身近に素敵な男性いると思います。

でも適齢期のTHEいい男って、

20代女子に目が向いていたり、

とっくに売れてしまってるでしょう。

バツイチでもいいのにーって言ってるあなた!

バツイチだっていい男なら、逆にモテる世の中です。

20代でさえ、

「いい同期は結婚しちゃって売れ残り感満載です」

っていうくらいですよ。

アラフォー女子が、一般的なあからさまに“イイ男”に行くのは、

回り道が多いばっかりで、時間だけが過ぎていきます。

逆に考えれば、高収入女子って選択できる立場だと思いませんか?

生活に不安がないんだから、

男性を選ぶ場合に年収にこだわる必要がありません。

思い切り自分の好みに走ればいいじゃないですか。

イケメン好きはとにかく顔!

面白好きはとにかく話!

趣味が合うのがマストなら、趣味が一緒な人限定!

女性が有期雇用契約社員だと話は変わってきます。

結婚に、生活のセイフティーネットの役割も出てきて、

簡単には行きません。

今の生活水準を落とさないように、

楽しく生きていくためには働くしかないんです。

仕事を定年まで続けるって覚悟を決めれば、

結婚についてはずいぶん自由になれると思います。

仕事内容にも慣れてきて、

社内の関係値も深くなってきて、

割と快適に働けているアラフォーは、

いま以上に快適な職場はこの世にないって思ったほうが幸せですよ。

Tさんみたいな高収入で生活に余裕のある30代後半女性は、

四の五の言わず婚活はやってみるべきです。

やってみれば、自分の市場価値と世間からの評価を

身をもって実感することになります。

辛いですが、そうやって婚活を集中してみれば、

自分がいる環境がかなり恵まれたものだと客観的にみれて、

周りにいる男性の良さがわかってきます。

婚活の結果、周りの男性を見直せて、

自力のいいご縁があれば、それは立派な婚活の成果です!!

そして、婚活してる中でのよくある悩み。

お見合い申し込まれた方はタイプじゃない…

それは当たり前です!

みんな、自分の理想の少し上の人に申し込むのですから。

申し込まれた方は「私ってこういう人にウケるんだ…」と落ち込みます。

でもそれって自分も同じ。申し込む先は理想の素敵な人ですよね。

同じこと思われてますよ。

解決策は、とにかく自分から大量にお申し込みする!ということ。

自分も相手のダメなところを見つけて断るように、

相手だって容赦なく断ってきます。

そんな中でも、大量に申し込めば何件かはお見合いにつながって、

うまくいけば交際に進展していきます。

婚活は、年末までとか1年間だけとか、

期限切ってチャレンジしてみてください。

その代わり、その間は婚活に集中。第一優先が婚活。

仕事してる場合じゃないですよ(笑)

活動やり切ってみた先で、

「結婚なんかしなくてもいいなあ」って境地になるかもしれないし、

いい人が見つかって幸せになってるかもしれないし。

どっちにしろやり切らないと、どちらの境地にも到達できません。

東京の婚活砂漠、ハチドリが強力にお供します!!

一緒に頑張りましょう♪

#結婚 #仕事 #yuko #女性 #婚活

11:00~20:00

​(水曜定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

  • Black Facebook Icon

facebook​

instaglam