• yuko

デートの参考書:夏のイベント編


今回は夏のデートにピッタリなイベントをご紹介。

趣向が180度逆な2つのイベントを体験してきました。

◆フエルサブルータ 「WA!」

品川のプリンスホテル内の

シアター“ステラボール”で開催中のこのイベント。

イメージとしては、

アクロバティックなダンスと音楽を楽しむクラブイベントといった感じです。

ただそのアクロバティックさが尋常ではありませんでした。

まず、ステージが固定されていません。

いきなり舞台がせり出してきたり、

舞台自体が上から降りてきたり。

(そのたびにお客さんは会場をわらわら逃げ惑ったりしてます)

そして人が降ってくるわ、雨は降るわ。

いろいろ振ってきます(笑)

そのアクロバティックさが、

既視感のない豪快な内容で、

初めて体験する人は思わず興奮!!

こちらのパフォーマンスは2014年にも来日していたので

ご覧になられた方も多くいらっしゃると思います。

岡本は前回も行かれた方とご一緒したのですが、

内容も少しずつバージョンアップしてるようで、

2回目でも十分楽しめるみたいでした。

(もちろん初見の岡本は大興奮でした)

かなり人も多いし、見ながら自分も周りも動いていくので

70分立ちっぱなしでも飽きることはありません。

ただ舞台としては少しハードなので、

だいぶ仲良くなった2人で行かれることをお勧めします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ダイアログ・イン・サイレンス

こちらのイベントは、

音のない世界でコミニケーションを体感するイベント。

現在、新宿の “NEWoMan新宿”5Fにある

劇場“LUMINE 0”で開催されています。

入り口でかばんも携帯も、持ち物はすべてクロークへ。

それから、音を遮断するヘッドセットを装着。

ここから先は声を出すのは禁止になります。

何も持たない、何も聞こえないので、丸腰の気分。

内容としては、

初対面の10人弱のグループになり、

聴覚障害者にアテンドされ、

テーマごとの部屋に案内されて

コミニケーションを深めていくというもの。

言葉を使わないで、

クイズを出したり答えたり、

連想ゲームをしてみたり。

言葉以外のツールを使って、

アテンドやグループの仲間とコミニケーションとるのですが、

これが予想以上に意思が伝わるんですよね。

初めは少し気恥ずかしさがありましたが、

途中からは表情、手ぶりを総動員してコミニケーションとるので、

相手との距離が縮まる気がしてくるから不思議です。

あっという間の90分間。

終わって音のある世界に戻ってきてみたら、

すこし残念な気分になったほどでした。

常に音と情報にさらされて暮らしてるのが

自分にはちょっと情報過多で食傷気味なんだなと、

改めて実感。

人によっては、音がないから落ち着かないとか、

それぞれ感じ方も違うので面白いですね。

このイベントは、

知り合いたての2人でも、

関係性が出来上がってる2人でも、

どちらも充分楽しめるイベントだと思います。

終わった後もいろいろ感想を話し合えて、

盛り上がるからデートにオススメ♪

※8月20日までの期間限定イベントです。

ネットでみてみると前売りは完売ですが、

当日11時から会場でその日の当日券を売り出します。

岡本は当日券で入りました。

日にもよりますが、少し余裕がありそうでしたので、

是非トライしてみては。

今回は音のない世界でしたが、

暗闇の中でコミニケーションをとる体験イベント

外苑前で常設であるみたいですね。

今度はこちらに行ってみようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

趣旨が180度違うイベント2つのご紹介でした。

遠出しなくても非日常感を味わえる都内のイベント。

浴衣で花火♪もいいですが、

大人はスマートにこんなデートはいかがでしょう??

#yuko #デート

11:00~20:00

​(水曜定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

  • Black Facebook Icon

facebook​

instaglam