• yuko

41歳 フリー編集者 女性  研究員男性との結婚


今回お会いしたのは軽井沢在住のフリーの編集者のTさん。

スピリチャル好きな彼女が結婚したのは超理系の旦那様。

まったく真逆の2人の結婚生活のお話です。

―お仕事は?

フリーの編集者をしています。

ずっと東京で働いていたのですが、環境のいいところで生活したくて

20代後半の時に軽井沢に引っ越しました。

夫は、大学の研究室にいるのですが、

薬の研究をするために製薬メーカーに出向しています。

―出会いは?

お見合いでした。

お見合いしたのは私が29歳の時。夫は1つ上の30歳でした。

お見合いなのに結婚まで2年かかりましたよ。

理由は夫の大殺界の年には結婚できないと先延ばしにされたせい。

結婚した年は私が大殺界でしたけど(笑)

なんと、夫にとっては私が人生初めての彼女です。

中学生の時にはかわいらしく

お付き合いしましょうの約束した子はいたみたいですが(笑)

ということで彼にとっては30歳になってできた、

すべてが初めての彼女でした。

ただ彼はそれまでにも告白は誰にでもしてたみたい。

身近に女性がいれば誰でもいいってくらい(笑)

ただ玉砕するんですよね。

たまに合コンしたりしてみると、

彼は学歴もいいし、顔もいいのだけど、

女の子からは「あなたは私の話を全く聞いてくれない」

といって振られてるような独身時代だったみたいです。

ということで、世間でいうところの超変人な彼でした。

私はというと、独身時代はダメンズとばっかり付き合っていました。

それも、かなりのダメンズ。

最終的には警察のお世話になるような人が多かったほどのレベルです…

しかも、当時29歳の私にはまったく出会いがなくなっていて。

企業広報の編集をメインでやっていたのですが、

出会うのは経営者とかばかりで、若い人は皆無…

彼と出会ったときには、

この人は少し変わっているけど、絶対に浮気はしないだろう。

社交的でないのはある意味長所だと思ってお付き合いすることにしました。

―結婚までの道のりは?

私はとにかく早く子供を作らないと!と焦っていました。

彼は国立大学の研究室勤め。

とりあえず条件はいいし、結婚にはいいかなと思ってました。

浮気しなくて真面目に仕事するのに越したことないなと。

今までの自分の好みと正反対のタイプと結婚することをきめたんです。

これはダメンズが続いたから選んだ結果ですね。

そうじゃないタイミングだったら、選んでないですよ。

しゃべってもないんじゃないかな。

だって一番嫌いなタイプだと思うし(笑)

入籍してから半年後にお式を挙げたのですが、

入籍前からお式を挙げるまでの1年は

彼のことが嫌いで仕方なかったんです。

お付き合いしたといっても、

軽井沢と東京で離れてお付き合いしてたから会ったのも数えるほど。

ほぼ知らない人と生活することになりました。

向こうは好きでいてくれてたと思うのですが、

こっちには好きって感情は無くて、

ただ結婚がしたいって感情からの新婚生活。

毎日が嫌すぎて、お式の直前まで元気のない私を見て

母から「そんなに嫌なら辞めてもいいのよ?」と言われたくらいです。

新婚生活はホントにひどいものでした。

まず1週間くらい彼からのモラハラの嵐がつづきました。

彼が私の友達や家族の悪口を延々言うのです。

これには本気で腹を立てて、すごいケンカに。

さすがに彼も「これは言いすぎると地雷なんだな」と分かったみたいで

少し収まりました。

仕事柄、普段会う人はとても変わってる人が多くて。

経営者って突き抜けて変わってることがあるんですよね。

彼は何となくそういう人に似ていた。

彼には伸びるところがあるのでは?

普通と違う強みがあるならいいのかな?

こんなに変人なら突き抜け感が違うはずだ!

そんな期待感だけで、結婚生活を耐えていましたね。

それが妻にとっていいかどうか別の話だけど(笑)

あと私はスピリチュアル好きで、

当時とても占いに凝っていたんです。

占ってもらうと、

ことごとくいろいろな占い師が

「彼は最高だ!」てすすめていたから(笑)

彼のことは好きではないですが

「宇宙が結婚しなさい!って言ってる!!」

って思い込みがあって。

完全にやばい感じですよね(笑)

入籍してから半年後にお式だったのですが、

お式が終わってみたら、その嫌な感情がすっかりなくなったんです。

マリッジブルーだったんですかね?

彼自身については、

普段、私にしてくるモラハラは変わらなかったけど、

お互いが慣れてきたんですね。

こっちが真剣に怒ることで、

これは言ってはいけないことなんだなと彼が分かった感じ。

これ以上言ってはけないラインと、こっちが許せるラインの

バランスが取れたというか。

結婚して3年くらいして、

たまたまアスペルガー症候群についての本を読んだんです。

それがもう彼についてドンピシャで!!!

彼の変わってる理由はこれだったのか!!と分かって大泣きしました。

今まで怒ったりしてごめんなさいという気持ちと、

私いままでよく頑張ったねって気持ちから。

アスペルガー症候群ってそもそも病気でないし、

理系の彼の周りはそんな人ばっかり。

だからそのコミュニティではわかりにくいんですよね。

深く付き合わないと、まあちょっと変わった人なんだなくらいで。

あの本を読んで本当に楽になりました。

だって、彼についてのトリセツを手に入れたようなもんだし。

今は彼が自分がアスペだって自覚はありますよ。

もう今では夫婦のネタですもん。

「おい、こら、そこのアスペ」とか(笑)

それを冗談で言い合えるぐらいの間柄に。

笑いにできたらとっても楽ですよ。

あとは、彼がだんだん変わってきたというのも、

夫婦関係が良くなった理由でもあるんです。

4年くらい前に彼の職場が変わって、

外人ばかりの部署になったんです。

片言の英語でしかコミュニケーションが取れない彼は、

短くしゃべるしかないんです。

彼はとにかく一方的に長くしゃべり続ける傾向があって。

それを矯正する訓練にもなったんです。

そういう短いセンテンスでのコミュニケーションをすることで、

外国人の友達もできて、

彼自身が外部に受け入れてもらう感覚が育ってきて。

コミュニケーション能力が飛躍的に発達したんです。

私もアスペを知ることで彼のことが理解できたし、

職場が変わった機会で彼自身が変わったきたのもあって

とてもいい関係になってきたんだと思います。

アスペの人って、

情緒がなくて人の気持ちが分からないんだけど、

経験によって変わっていけるんです。

今まで人と深いコミュニケーションとってなかった人が

私と夫婦になることで変わっていったんですよね。

彼は学生さんから見ると、

前は超怖い先生だったのが、

今は普通の先生になってるらしいです(笑)

そんな彼でも、もともと結婚願望はあったんですって。

どこかに自分のよき理解者がいてくれればと思ってたみたい。

両極端な2人が出会って、ここまで10年やってきたんですよね。

今では、彼ほどの変わって面白い人っていないと思ってます。

ので、私にとって他にいい人がいるなんて思えないですよ。

10年前の私に「この人で大丈夫だからねー」とメッセージ送ってます。

きっと10年前の私もそれを、

宇宙からのメッセージとしてきっちり受け取ってたんでしょう。

あ、ちょっと話がスピすぎたかしら~(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お話を聞いていると

壮絶でドラマチックな結婚生活10年のように見えますが、

いたって穏やかでニュートラルなTさんです。

彼女曰く、

自分の好みのママ突き進んでいたら

今頃のたれ死んでいたかもしれません(笑)と。

恋愛感情のホルモンに従わないで、

知性に従って選んだの彼とのことでした。

彼女のお話を聞いて、

時間をかけてコミュニケーションを深めれば、

相手も変わってくるし、

自分も変わってくるのだなとしみじみと思いました。

相手のことを理解する気持ち。

面倒くさがらずぶつかる気持ち。

これってものすごく労力をつかうことだし、

精神的にも大変な作業だと思います。

でもTさんは彼のことを見限らず、

根気強く寄り添って、10年の時間を過ごしてきたんですね。

Tさんは

10人男性がいたら9人とは結婚できる自信がある

とおっしゃってました。

岡本も同意です。

極端ですが、結婚の極意なんじゃないか?とも思っております。

彼女が面白いことをおっしゃっていたのが

「好みが激しい女性は、老人ホームでボランティアしてみれば

どんなイケメンも最後は歳を取るって実感できますよ。

誰がイケメンだったでしょうか?

クイズがあって誰も分からなかったりするんですから(笑)」

結婚って40年以上つづく関係だったりします。

顔がかっこいいとか、背が高いほうがいいとか、

付き合い始めのこだわりなんて、

10年たったらどうでもよくなります。

40年たったら収入さえどうでもよくなる。

これにいつ気づけるかが、

人生のパートナーとの出会いにかかわってくるんです。

なるべく30歳くらいには気づいてほしいですが、

やっぱり若いうちはむつかしいかもしれませんね…

Tさんのようにはじめは大嫌いだった

(とはいえ彼の良さを見抜いている感じはしますが)

相手とも10年いい時間が過ごせることもあります。

誰が人生のパートナーになるかなんてわかりません。

自分の好みに縛られないで、

自由な目をもってお相手探ししてみませんか?

あなたらしい結婚を叶えるオーダーメイドな結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

#結婚 #男性 #yuko #婚活 #女性

11:00~20:00

​(不定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

  • Black Facebook Icon

facebook​

instaglam