• yuko

妄想不倫劇場


TVをつけると誰かの不倫話を放送してない時間はない!

ってくらい不倫花盛りの最近ですね。

人の恋愛話って、噂話としては超盛り上がるトピックスではありますが、

岡本的にはプライベートで知らない人の話には

あまり色めきだつ要素が見出せません。

多くの人が思ってることだとは思いますが

「どーーーーでもいいよーーー」

っていうのが正直なところではないでしょうか。

ワイドショー的なニュース番組で木村太郎さんが国会議員の不倫話について

「プライベートなことだし、こんなこと貴重な時間使って取り上げる自体がおかしい」

的なことをおっしゃって、

「もっと言ってやれー」っとクスっとしてしまいました。

道徳を一番として他人に厳しいのは

(逆に自分には甘い感じもしますが)、私たちのお国柄なんでしょうか。

フランスの元大統領オランド氏は、

不倫疑惑が出たときにプライベートの侵害として報道元に対して裁判起こしてましたが、

その際の世論調査ではフランス国民の77%が

「個人的な事」として問題にしてなかった結果も。

さて、不倫について友人の既婚女性と話をしていた時のこと。

もし自分がその当事者になったとして、

男を交えて3者面談するとなったら何を着ていく??

という話題になりました。

まず、自分が不倫相手だった場合。

正妻との話し合いにふさわしい装いは?

スタンスから考えてみます。

もし、全面的に非を認めて降伏姿勢であるなら(訴えられたくないしね)、

髪もばさばさ、またはぴっちりひっつめヘアで、爪も自爪で短め。

白いシャツにグレーのパンツで、ヒールは黒のローヒール。

アクセサリーは無し。

といったところでしょうか。

とことん地味でかさついた女を演出です。

逆に何とか彼と別れさせて、「私と結婚!」を目指すなら、

髪はつやふわ、紺の上質ワンピースに

高そうなゴールドのアクセサリー重ね付け。

なんなら彼にいただきましたよってアクセの装着。

靴はマロノなどの攻撃性高めのハイヒールはいて

戦闘態勢で挑むところでしょうか。

逆に浮気された正妻の立ち位置だと、

華美でもなく清潔感ある、でも高級感のある妻の装い?

上質な薄手のニットに、きれいな色のパンツ。

シンプルなアクセに、ぎらっぎらの婚約指輪でもして挑むでしょう。

怒らせたら怖いわよ!っていう演出がいいのかな?

(ギラギラ婚約指輪はやりすぎか(笑)

装いって、その人の考えや姿勢がにじみ出ます。

不倫会見の女優さんが憔悴した感じで地味な服装で出てくるのも、

印象を考えてこそですものね。

20代中盤の若かりし頃、

1度だけ彼氏と浮気相手と私という3者面談をしたことがあります。

当日ドキドキして面会場所に向かう私。

そこにいた女性は、カサカサなロングヘアで、

しわのついた白シャツにヨレっとしたひざ丈スカート。

いかにも仕事帰りで疲れてる風で椅子に座っていました。

私といえばナメられたくないと、前日にネイルサロンに行ってお手入れ。

髪もおろして、きれい目なオフィスカジュアルでその場に臨みました。

彼女を見て「なーんだ。こんなもんなのか」と留飲を下げて、

その場は荒れもせずに終了。

今考えると、彼女の策略にまんまんとはまっていたのは

私の方だったのかもしれませんね(笑)

なにはともあれ、人の話についてごたごた言う前に、

自分の恋愛話で盛り上がってた方が100%健全です。

あっ恋愛といっても、婚活女子は不倫は絶対NGですよ。

そんなことしてる時間はありませんから!!!

そんなものは、自分がしっかりゴールインしてから、

こっそりやりたきゃやればいいんです(笑)

あなたらしい結婚を叶えるオーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

#yuko #女性 #男性

11:00~20:00

​(不定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

  • Black Facebook Icon

facebook​

instaglam