• yuko

子ども?ほっといてくださいませ!!


先日、アメリカの医療メーカーが

各国の女性について妊娠出産に関する意識調査の結果を発表していました。

調査対象の国は日本・アメリカ・フランス・スウェーデンの4か国です。

結果は・・・

◆将来、自身の子どもが欲しいと思う女性の割合は

フランス80%

アメリカ79.5%

スウェーデン73.5%

日本 63%

◆子どもが欲しいと思う日本の女性の年代別割合

18~19歳では72.5%

20~24歳では62.5%

25~29歳では70%

30~34歳で57.5%

35~39歳で52.5%

上記はどの年代層でも、他の3か国よりも割合が小さくなっています。

だから、どの年代で比べても子供を持つことには消極的。

30代の回答者は、

そもそも子どもを望んでいないか、

あるいは年齢が上がることで妊娠・出産に消極的なっている様子で、

こうした年齢層別の割合の傾向は、

フランス以外のアメリカ・スウェーデンでも共通しています。

そう思うと、フランス人の生涯現役感はすごいですね(笑)

こんなところにも現れてます。

◆将来、子どもが欲しいと思わない理由

日本以外の3か国では

1位「現状のライフスタイルに満足している」

2位「子どもを持つことに関心を持っていない」

日本では

1位「子育てをする自信がない」が51.4%

2位「子育てが大変そうに思える」が44.6%

日本以外の3か国で1位の「現状のライフスタイルに満足」は23%

とのことでした。

何点か不思議に思ったことが。

この調査対象は総数が800名。

各国200名として、年代を5つに分けてるので各年代40名だとしたら、

ちょっと少ない気もしました。

だってこの狭い日本でも、

東京と地方では出産に関する環境も全く違ってきます。

(保育園の入りやすさや両親のサポートなど)

地域によって答えの偏りがありそうだなあ。

あと、子どもが欲しくない理由として、

日本人は

「今のライフスタイルが気に入ってるから子供いらなーい」

とか

「子供に興味がなーい」

というのを女性が公言するのが、

はばかられる国民性っていうのも関係がある気が。

(岡本ははばからず思い切り「楽しいからいらなーい」

って言ってしまうタイプですが(笑)

もっと個人主義で自由な雰囲気だったら、

回答も変わってくる気がします。

そして、いつも思うのですが、こういう調査って、

子ども欲しいって人が少ない!!これは国家の危機ですよ!

みたいなまとめ方をされて、

ちょっと違和感があるのですよね。

私みたいな人は、

「あっ、意外にみんないらないって思ってたんだー」

とちょっとほっとしたりもします。

以前も子供を持つ持たないの本をご紹介しましたが、

子どもがいようがいまいが

その人の幸せ尺度には変わらないんだから、

ほっといてよーって気持ちになってしまいます。

不倫についても厳しいし、

結婚しなければ負け犬とネーミングされ、

子どもを作らない人が多いのはネガティブにとらえられ…

みんながみんなを監視してるような、今の日本の息苦しさが、

「結婚しなーい、子供産みたくなーい」につながってるような気がしていて。

みなさーん、自分で自分の首を絞めてますよー

って声を大にして言いたい!

もっといい加減で大らかに、お互い様の精神で行きたいなーと

不真面目な私は考えてしまいます。

結婚も子供も、本人たちの自由!

それを何の違和感もなく受け入れてくれる土壌になれば、

逆に結婚も子供も増えたりするかもしれませんね。

あなたらしい結婚を叶えるオーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

#結婚 #yuko #女性

11:00~20:00

​(不定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

  • Black Facebook Icon

facebook​

instaglam