• yuko

ストレスが仲良しの秘訣


先日、岡本の女友達のパートナーが海外へ単身赴任になったと聞いて、

彼女といろいろと話をしていた時の事。

「離れたのは神様がくれたいいタイミングだったんだ」

と彼女が言った言葉が印象的でした。

友達夫婦は結婚9年目のDINKs。

お互いの仕事が忙しく、関係がちょっと煮詰まっていた時期に、

夫が韓国へ転勤になりました。

一緒に暮らしていたここ数年、

家でしっかり家事をしてほしい夫と

仕事もプライベートも思い切りやり切りたい妻の間で衝突しがちでした。

そんなときの彼の韓国赴任です。

岡本個人的には「そんな時に離れて大丈夫かな?」と思っていましたが、

毎日フェイスタイムで連絡をとって、

ケンカもせずに、お互いがお互いに優しくできるそう。

彼女曰く

「慣れない土地での仕事で相手の大変さも分かるし、

帰ってきたときには優しくしてあげようと思うんだ」といい笑顔でした。

彼女の東京での独身生活はというと、

良かったことは毎日のご飯を作らなくちゃプレッシャーから解放されたこと。

不便なことはサクッと一緒にご飯を食べに行くとかできていた相手がいなくなったこと。

変化はそれくらいで、あまり変わってないみたいです。

彼女は集中して仕事をしたい時期でもあるし、

そういう意味でも、これは神様がくれたタイミングだと思って頑張ってる様子でした。

一昔前、週末婚って言葉が流行りましたね。

多くの夫婦は憧れをもってその言葉を受け入れたと思います(笑)

平日は別の場所に暮らしてお互い好きに働いて遊んで、週末は一緒に過ごす。

夢のような生活とも思えますが、

ストレスを抱えながらも一緒に暮らす時間って、

2人の関係をこの世に2つとないオリジナルな関係にしていく

必須要件だとも思うのです。

2人で暮らすって、ご飯を用意したり、ごみを出したり、保険のことを考えたり…

ありとあらゆる生活の面倒なことが起こります。

恋愛と結婚が違うのは、こういった面倒があるかないか。

でもこの面倒なことをひとつひとつクリアしていくことが、

相手への信頼関係やつながりの深さを作っていく気がします。

仕事でも恋愛でも、なんでもそうだと思うのですが

“形が気持ちを作る”

って多いにあると思います。

毎日の面倒なルーティンに思えることを繰り返すことが、

モチベーションや気持ちを形作ることにつながる。

結婚って好きな人と暮らせて、毎日幸せ!だけじゃないですよね。

なんならそれ以外の事の方が、気持ちの大部分を占めちゃうことも。

でもそれを2人でクリアしていくことが、

強度の強い幸せを形作る要素だと思います。

ドラクエの経験値を積むようなものなんです。

面倒でもまずはスライムからコツコツ倒して経験値を上げるしかない(笑)

でも、どーーーしても人間、煮詰まることだってある。

お友達のように、いいタイミングで離れることは、

まさに神様のプレゼントだったかもしれません。

でも離れたままでは気持ちは作れない。

やっぱり面倒なこともお互い背負って生活するのが、

結婚して2人だけの関係を築いていくことですから。

きっと友人もリフレッシュの期間を経て、

パートナーとの関係をプチリニューアルして、

オリジナルなカップルになっていくんだろうと信じています。

面倒だけど、その先にある何か素敵なものが見たい気持ちで、

日々のストレスや面倒くささを乗り切れるといいなあと、自戒をこめて(笑)

あなたらしい結婚を叶えるオーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

#結婚 #yuko

11:00~20:00

​(水曜定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

instaglam

  • Black Facebook Icon

facebook​