• yuko

森高千里様はおばさん未満?


先日、痛くないアラフォーファッション考察をしてみました。

相手に痛さを感じさせないファッションの難しさは、

どんなに美しい人にとっても切実な問題だったりします。

最近、森高千里さんが音楽活動復帰されて、TVでお見かけする機会も増えました。

依然衰えないミニスカート&美脚。

とても48歳!!の足には見えません。

最近は自身の歌をセルフカバーしてYoutubeにアップし続ける試みや、

Tofubeatsとのコラボ曲も出すなどアーティスト感が増してますね。

そのアーティスト感に興味があって、

最近でた代表曲の「私がオバさんになっても」の動画を拝見してみました。

ピンクのニットトップス、レザーのひざ上スカート、

ヌーディーハイヒールという装いで、ゆったりと歌う森高さん。

「ミニスカートはとても―無理よ」

と歌ってますが、思い切り足でてますからー(笑)

それはもう、めちゃくちゃ足がきれいで釘づけになるのですが、

何となく違和感を感じてしまったのです。

この違和感って何かなと、しばらく気持ちを探ってみると、

“50歳を前にした女性のヌーディーさ“でした。

トップスが明るい色なのも手伝って、

下半身のスカートやシューズの色と生足の感じが、

ヌーディー感を強調してきます(もちろん意識した演出でしょうが)。

どんなに美しくても、その生っぽさは隠してて欲しい

というのが、私の感じた違和感の正体でした。

先日ドラマでみた米倉涼子さんの美脚も、

異常なほどに美しいものでしたが、こちらは違和感なく満喫。

あの貫禄で42歳なのですね、米倉さん。

“おばさん”と“おばさん未満”を隔てる壁はヌーディー感だと感じました。

美脚のおばさん代表は、やっぱりフランス大統領夫人のブリジッドさん。

画像検索してみると8割はひざ上のミニワンピを着用されてます。

しかもデザインは60年代のマリークワントのような、クラシックでミニマルなワンピース。

(ご本人はとてもグッチがお好きなようです)

私生活でも25歳差婚をされてるほどの、超個性派女性。

プライベートもファッションも、あそこまで突き抜けていれば、

林家パー子さんのピンクと同じくらいの個性として、

好意的に受け入れられるってものですね。

お美しい森高様でさえ感じる違和感なのだから、

やはり一般人は周りにも自分にも優しいファッションを

満喫するのがマナーかもしれません…

去年流行ったミモレ丈や、今や定番になりつつあるワイドパンツは、

おばさんが仕掛けた流行??と疑いたくなるくらい、

すべての年代の女子にウェルカムなファッションです(笑)

アラフォー以上の女性が気持ちよく楽しめるトレンド、最高!!!

あなたらしい結婚を叶えるオーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

#yuko #ファッション #女性

11:00~20:00

​(水曜定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

  • Black Facebook Icon

facebook​

instaglam