• yuko

モテレシピ:デトックスープ


忘年会シーズンの12月は、

普段よりも食べたり飲んだりする機会が増えますよね。

楽しい時間とともに体重や体脂肪も増えがちなこの季節。

食べ過ぎたときにおススメの「デトックスープ」のご紹介です。

このレシピは浜内千波さんの著書

朝に効くスープ 夜に効くスープ」で紹介されているものです。

私は冬になるとこのスープをしょっちゅう作っています!

<デトックスープの素>

材料

・キャベツ…1/2玉

・玉ねぎ…2個

・人参…大1本

・しめじ…1パック

・水…6カップ 

・塩こしょう…少々

作り方

① キャベツはざく切り、玉ねぎと人参は2㎝の角切りにする。しめじは石づきを切ってほぐす。

② 野菜を大きめのお鍋に敷き詰める。

③ 野菜の上に呼び水大さじ1を振りかける。(分量外)

④ ふたをして弱火で15分ほど蒸し煮にする。

⑤ 15分たったら蓋を開け、木べらでよく混ぜる。

⑥ またふたをしてさらに5分弱火で蒸し煮する。

⑦ 水を加え中火でひと煮立ちさせたら、塩コショウで下味をつける。

これでデトックスープの素が完成です。

ポイントは野菜に汗をかかせること!

弱火でじっくり蒸し煮することで、

野菜自身からうまみがたっぷり出てきます。

キャベツにはキャベジンで有名な胃腸を保護するビタミンUが。

玉ねぎには血液サラサラ効果がありますね。

人参は抗酸化作用があるβカロチン、

しめじはカルシウムの吸収を高めるビタミンDが豊富です。

これらの栄養素をたっぷり引き出すために蒸し煮するわけです。

お鍋に入らないほど野菜がかさばるので、

野菜多すぎないかしらと心配になりますが、

15分蒸し煮すると、野菜自身から水分がたっぷり出て

量も半分くらいになるので大丈夫。

油も一切使わないのでとってもヘルシー!

このスープの素をベースに、お好みでアレンジができます。

アレンジ例①

生鮭(甘塩)とお味噌を加えて。

アスタキサンチンを含む鮭は抗酸化作用が期待できます。

発酵食品のお味噌を加えることで、

鮭の臭みもなくなり一石二鳥!

アレンジ例②

生のトマトと豚肉を加えて。

抗酸化力の高いリコピン豊富なトマトに、

疲労回復に効果があるビタミンBが豊富な豚肉を加えれば、

最強の疲労回復スープに。

生のトマトの代わりに、トマトの水煮缶を加えてもOK。

アレンジ例③

豆乳を加えて。

コレステロールが気になる方には豆乳がおすすめ。

イソフラボンも豊富なので女性にも嬉しいですね。

その時の体調や好みで、

スープの味付けと入れる具材を変えれば

何十通りのスープに変身!

小分けにして冷凍保存しておくこともできるので、

週末に作っておいて平日飲み会の翌日

胃を休ませたい時に、自宅でプチデトックスはいかがでしょうか?

忘年会で胃が疲れている彼に、ぜひ作ってみてください。

あなたらしい結婚を叶える

オーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談こちらから

#美容 #健康

11:00~20:00

​(水曜定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

  • Black Facebook Icon

facebook​

instaglam