• yuko

キャリア男女の落とし穴


今日はちょっと耳の痛いお話です。

先日44歳の独身男性Cさんとお会いしたときのこと。

Cさんは高学歴で有名企業に勤める超エリート男性。

スラッと背が高く年齢よりも若々しく見えます。

そんなCさんに理想の結婚相手について聞いてみました。

才色兼備。

頭が良くて仕事もできる人じゃないと会話が楽しくないし。

でも自分と同じ年齢とか絶対にないね。

せいぜい35歳くらいまでかな。

やっぱり子供がほしいから。

男は本能的に子孫を残したい生き物だから、

なるべく若い方がいいよね。

見た目の雰囲気が好みじゃないともちろんダメだけど。

かなり偏った意見にも思えますが、

案外これが男性の本音なのかもしれません。

Cさんの周りにいるエリート男性たちは、

みな若くてキレイなお嫁さんをゲットしているようです。

お世辞にも男性側はそれなりにオジサンに見える人でも

モデルみたいに美しい女性と結婚しています。

女性は旦那さんを自慢したいという欲求はあまりないと思いますが、

男性の場合は、俺の奥さんこんなに若くてキレイなんだよ!と

見せびらかしたい願望が潜在的にあるように思います。

特に40歳以上のエリート男性ほど、

頑張った自分にはご褒美として、

とっておきの美女と結婚する権利がある!

と思っているように感じます。

いわゆるトロフィーワイフですね。

私はこの考えを否定するつもりは全くないです。

でも、これこそがキャリア男女が結婚できない落とし穴だと思いました。

女性側で考えてみると、

バリキャリで高い収入を得ている女性は

自分以上のキャリアを持つ男性を望みます。

自慢したいからではないけれど、

ここまで頑張ってきたのだから、といったインサイトは

男性と同じなのかもしれません。

しかしキャリアを重ねた女性は40代のケースが多い。

男も女も仕事が一番のっているのは40代です。

バリキャリの40代女性はCさんのようなエリート男性と結婚したい。

でもCさんにとって彼女は年齢的に結婚圏外。

結果、ハイスペックの男女は平行線をたどりマッチングしない。

年齢って確かに重要だけれども、

その年をどう重ねてきたかの方が、よほど大事に思います。

ただの数字に左右されて本質を見落としているのは

とても勿体ないと思いませんか?

子供だって、40代でも出産している友人はたくさんいます。

仮に授からなかったとして、女性側だけの問題ではないはずです。

今回のお話は女性としては複雑な気持ちになるお話でしたが、

婚活していく中では、いやでも男性の本音を知ることとなります。

ハチドリではいいことばかりではなく、

時に耳の痛い話しもいたします。

現実と向き合うことが婚活成功のカギだからです。

叱咤激励しながら二人三脚で頑張ってみませんか?

あなたらしい結婚を叶える

オーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

#結婚 #男性

11:00~20:00

​(水曜定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

  • Black Facebook Icon

facebook​

instaglam