• yuko

婚活は親友探し


先日、結婚生活10年選手の男女の友人3人と話をしていた時の事。

結婚相手に大事なことは何か?という話題になりました。

その中で印象に残ったのが

「結婚相手は恋人でなくて親友になれる人を選ぶべき」

というある一人の男性の発言。

なるほどー!!!と妙に納得した私たちです。

何度も言いますが、結婚生活は40年以上続く日常です。

その40年の時間を、

恋人同士のテンションで暮らしていくのは、

楽しそうだけど、ちょっと疲れちゃいそう…

焼きもちや、干渉とか、疑心暗鬼とか。

そういう恋愛を盛り上げてくれる要素は、

ドラマチックだけど毎日の生活になると辛いですよね。

同棲してない限りは、恋人同士で会うのは限られた時間です。

そこには、保険の話や、週2回の燃えるゴミの話もない。

親の介護の話もなければ、ローンの話もない。

生活のいいとこ取りの時間なのです。

だからこそ、恋愛中はドラマチックな要素で気持ちを盛り上げたい。

岡本は

“恋愛は最高のエンターテインメント=娯楽”

だと思ってます。

こんなに無責任に楽しい素敵なレジャーがありますでしょうか??

(世界中の人が恋愛してくれれば、もっと平和な世の中になるのに!!

と真剣に思ってます)

対して結婚は日常。

地味で、あんまりきれいじゃなくて、ゆるくて、永い…

そんな日常を一緒に過ごすパートナーが親友のような存在だったら、

充実しながら乗り越えて行けると思うのです。

親友というものは自立した大人だから築ける関係。

相手に依存しないで、

自分を持ってるからこそ相手と対等に対話ができる。

夫婦であっても、そんな二人でありたいと常々思っています。

快適に他人と暮らせる人は、きちんと一人でも生活できる人です。

誰かにご飯を作ってもらえるから、

洗濯してもらえるから、

稼いできてもらえるから。

そんな相手への依存があると、

長く続く結婚生活にひずみが出てくることもあるのでは?

親友に依存はありません。

お互いを尊重して、その上で理解したいという気持ちを持てるのが親友。

これの関係が夫婦でもできたら最高だろうなあ、

と自戒を込めてしみじみしてしまいます(笑)

どうしても距離が近くなりがちな夫婦関係です。

たまには甘えや、わがままも出したいところ。

でも相手の事を親友のように思えれば、

接し方も変えられるかもしれません。

婚活中のお相手選びについても、

「この人は私の親友になれるのか??」という新しい視点で見てみると、

選ぶお相手も違ってくるはず!

願わくば、永い結婚生活の中で、

たまーーーにその親友に恋をする瞬間があると最高ですが、

それは贅沢なお話ですね~(笑)

あなたらしい結婚を叶えるオーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

#結婚 #男性 #yuko #婚活 #女性

11:00~20:00

​(水曜定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

  • Black Facebook Icon

facebook​

instaglam