• manami

「幸せ妄想力」を鍛えよう!


ひと昔前の結婚は、家と家の結びつきだったので、

自分の意思とは関係なく、親が結婚相手を決めていました。

結婚式当日に相手の顔を始めて見る、

なんてことが当たり前の時代です。

それでも何十年も死ぬまで添い遂げられたのは、

昔の人が忍耐強かったからなのでしょうか?

先日大河ドラマ「西郷どん」で、

大久保正助(利通)の婚約者に向けた言葉が印象的でした。

大久保の許嫁は賢くて聡明な女性。

こんな女性なら、“江戸でお国のために働きたい!”

という夢を応援してくれるに違いないと信じる大久保は、

“あなたと一緒なら夢が叶いそうだ”と伝えます。

ほとんど会話もしたことない女性に夢を見られるって、

すごいことだと思いませんか??

相手の性格や趣味、価値観なんてほとんど知らないのに、

この人となら幸せな家庭が築けるとか、

この人を支えたいとか、

ポジティブに想像力を巡らせるわけです。

つまり「私、この人を好きになる!」と思い込む、幸せ妄想です。

この考え方は、現代の婚活にも役立つと思っています。

以前「もっといい人いるんじゃないか病」について書きましたが、

運命の人を探し続けて、もっともっとと言っているうちは、

なかなか結婚できないし、仮に結婚しても、

やっぱり思っていた人と違う~と言って、長く続かない。

例え思いこみであっても、

相手の良いところを見つけて、愛して、リスペクトするうちに、

やがてその思い込みが本物になって、夫婦になるのではないでしょうか。

昔の人は、忍耐強さもあったと思いますが、

それ以上に、「幸せ妄想力」があったから、

初対面でも一生添い遂げる夫婦になれたのだと思います。

現代の婚活のように、選択肢や情報が多すぎることは、

時にデメリットにもなります。

目の前のご縁を大切にすれば、

運命の相手に育てることができるはず。

ハチドリで幸せ妄想力を働かせて、運命の人を育てませんか?

あなたらしい結婚を叶えるオーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

#manami #婚活

11:00~20:00

​(不定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

  • Black Facebook Icon

facebook​

instaglam