• manami

オリジナルの幸せを探そう!


結婚相手の条件について、

女性が年収を気にするのと同じように、

男性は年齢を気にします。

理由は子供がほしいから。

子どもが欲しいから、女性は35歳以下がいいです。

50代の男性でもこのようにおっしゃいます。

結婚をして子供をつくる。

それはごく自然なことだし、

人口減の日本においては有難いお話でしょう。

しかし婚活において、

子供がほしい=若い女性がいいという固定概念に縛られると、

間違いなく失敗します。

そもそも若い女性と結婚しさえすれば子供ができる、

というのが大きな間違え。

若い方が自然妊娠しやすいのは事実ですが、

若くても不妊に苦しむ人もいるし、

逆に40代でもすぐに妊娠する人もいる。

もっと言えば不妊の原因は男性側にあるケースもあるわけです。

もうひとつの間違えは、

結婚の目的が子どもになっていること。

これは男性に限らず、女性にも多いですね。

どうして結婚したいの?と質問すると、

大抵の方は、子供がほしいのでそろそろ、とお答えになります。

子どもがいる人生は素晴らしいと思います。

では子供がいない人生は、不幸なのでしょうか?

「となりの家族は青く見える」というドラマは

不妊に悩む夫婦を描いていました。

深田恭子さん演じる主人公は、

結婚後に不妊症だと分かりました。

辛い治療の末、やっと妊娠したものの、

流産してしまいます。

松山ケンイチさん演じる夫は子供が大好き。

そんな夫をパパにしてあげられないことを嘆き、

別れを切り出します。

夫はじっくり考えた結果、

子供がいないことは耐えられても、

君がいない人生は耐えられない、と妻に伝え、

子供のいない二人だけの人生を、前向きに考えることにしました。

人柄や価値観などの内面性よりも、

年齢にばかり固執して、若い女性と結婚したとします。

もし結婚後なかなか子供ができなかったら?

不妊症だと分かったら?

こんなはずじゃなかった!と言って別れますか?

夫婦ふたりで幸せになれないなら、

子供ができても、幸せにはなれません。

夫婦二人だけの家族でも、

子供がいる大家族でも、

幸せのカタチは人それぞれ。

自分たちオリジナルの幸せを見つけていく。

それが夫婦であり、結婚だと思うのです。

あなたオリジナルの幸せ作りのパートナー探し、

ハチドリと始めませんか?

あなたらしい結婚を叶えるオーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

#manami #男性 #女性 #婚活

11:00~20:00

​(不定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

  • Black Facebook Icon

facebook​

instaglam