• yuko

合コン割り勘はきっちり振り込みで


先日、外でランチをしている時に、

30歳前後の女性グループと隣り合わせになりました。

話題は最近した合コンの話に。

そばで岡本が耳をダンボにしてるのに気づかず大盛り上がりの彼女達(笑)。

お話のほぼすべてがどんなに残念な合コンだったかという報告です。

相手は一流銀行に勤める同世代のサラリーマン。

彼女曰く

「相手は超盛り上がってたと思うわ。

楽しそうに2次会までセッティングしてたし。

でもこっちは頑張って盛り上げてるだけなのに。

本当に男ってわかってないよねー」

とこき下ろし…

つづいて支払いの話になって彼女の怒りは頂点に。

「お店ではスマートに男性陣が支払ってて。

まあ私たち楽しませたし当然かなと思ってたの。

でも次の日に幹事の女の子宛に、

きっちり1円単位まで割り勘にした金額と振込先が送られてきたの!!!」

おおー!振込会計か~新しい(笑)。

さすが銀行員♪思わず笑ってしまう結末でした。

(友人の話で同じような事後振込会計の合コンの話を聞いたことがあったので、

これが20代男性の新しい合コンの波なのかもしれません)

当然、女性陣は

「ありえなーーーーい!!」

とハチの巣をつついたような大騒ぎ。

まあ気持ちはわからないでもないですよね。

でも、ちょっと考えてみましょう。

まず事後振込清算という会計方法がカッコいいことではないことは

男性陣も分かっていると思います。

ではなぜカッコ悪くても、そのような連絡をしたか。

そうです、

「その日の合コン相手へカッコつける必要がない!」

と判断したからです。

その日の合コンが本当に楽しくて、

どうしても関係をつなげたい!

と思う女性がいたとしたらカッコつけますよね。

彼女達は頑張って盛り上げた気になっていますが、

男性陣だって頑張って楽しませようとしてヘトヘトだったかもしれません。

岡本の友人でアラフォー既婚女性がいるのですが、彼女曰く

「ちょくちょく男性の友人とご飯を食べるのだけど、

一度も払わせてくれたことないの・・・

毎回お財布は出して払う気満々なのだけど」

とのこと。

ものすごく品のある美人で人間的にも素敵な彼女。

確かに彼女だったらたとえ結婚していたとしても

男性はカッコつけたくなるかもと妙に納得でした。

以前も書きましたが婚活は

自分軸で考えているうちはうまく行きません。

考え方が相手軸になって初めてお相手と向き合えるのです。

今回のお話でいうと、

自分たちが楽しくなかったように、

お相手だってその時間を心から楽しめてなかった。

だからこそ、男性陣はお店への見栄から当日は男性が支払うスマートさを見せながらも、

後日振込という対女性に対してはスマートではないやり方をしたのかもしれません。

自分たちの振る舞いは棚に上げて、相手の無礼を責める…

20代の恋愛する時期なら人生の肥やしとしていい経験ですが、

30代以上の真剣に婚活する女性としては落第点です。

そして食事などのお会計時に、

「合コンで割り勘だった」「デートが割り勘だった」

ということで、

「私に興味がないんだな…」と相手の愛情をはかる人もいますが

これもナンセンス。

男性から、

「合コンやデートの時には

パステルカラーのカーディガン着て、

爪はきれいにフレンチネイルで、

手入れされた清楚なロングヘア―で来るのが女性として当たり前でしょ」

と思われていたらどうでしょう。

とても乱暴だと思いませんか??

相手からごちそうされることや、高価なプレゼントをもらうことを

自らの価値基準にすること自体下品なことです。

そういう意識は口に出さなくてもお相手には伝わります。

こと恋愛については自分軸で考えがち。

でも考え方は習慣でどうにでもなるのです。

恋愛と婚活は似ているようで、全くアプローチが違うふたつです。

ハチドリで効果的な婚活のアプローチ、体験してみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一年後に結婚していたいあなたへ。プレ婚活お茶会実施いたします。

お申込みはこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたらしい結婚を叶えるオーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

#結婚 #yuko #男性 #女性 #婚活

11:00~20:00

​(水曜定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

instaglam

  • Black Facebook Icon

facebook​