• yuko

43歳 外資系金融会社勤務男性が決めた女医との結婚


ハチドリの中でも高スペック男性Fさんが婚活3年にしてとうとう決意した結婚。

ハチドリにいらした当初は30代でしたが、婚活3年を経て彼の結婚感はどう変化したのでしょう?


Q:婚活3年。長い婚活でしたがとうとう決意されましたね。どんな活動でしたでしょうか?


Fさん:ハチドリをWEB検索して尋ねたのが39歳の時でしたね。

当時は他の相談所で活動していたのですが結果につながらず、婚活をお休みしていた時でした。

岡本さんの話を聞いていて、自分の活動に必要なのはコンサル的な立場だと感じました。


仕事柄、女性との縁は多いのですが僕の求めている人との出会いがなくて。


僕自身、働く母に育てられたのでしっかり仕事をしている人が理想。でも出会う女性は美しいけれど仕事よりも結婚相手探し重視。


カウンセリングの中でそれが明らかになったので、仕事をしっかりしているキャリア女性をターゲットに活動をすることに決めました。


3年の活動の中で真剣交際になったのは3人。どの方もしっかり仕事にむきあっているいわゆるバリキャリ女性でした。

といっても女性らしいやわらかさもある方ばかりで、とてもいい方との出会いがあったなと感じます。



結婚を前にすると不安が...

Q:どの方も美しくて気遣いのある女性でしたね。でも活動が長引いたのはどうしてでしょう?


活動が長引いたのは決心できなかった僕自身のせいでもあります。


いざ結婚生活を想像すると怖気づいてしまうというか、不安になってしまうのです。ずっと相手のことを好きでいられるかに自信が持てなくなって。

相手の女性は決意してくれているのは感じるのですが、どうしても決断できずにいました。


成婚したパートナーは7つ年下ですがとてもしっかりもの。仕事は小児科で医師をしているせいか、気遣いもできる優しい人です。2人で将来の話をした時に彼女が「これでダメだったらもう婚活はしない」と話していて。いつもだったら怖気づいてしまうところでしたが、今回は彼女のことがとても愛おしく感じたのです。


あとは岡本さんの「Fさんならどなたとでも幸せになれる力がある」という言葉に背中を押されたことも決断した要因のひとつでした。

活動中に不安な気持ちになった時に、そっと支えてくれた仲人さんの存在は大きいですね。それがなかったら決断できずにまだ独身だったと思います。



プロの目線があってこその気づき

Q:長期婚活のプロになってしまうところでしたね笑。これから活動する方にアドバイスあればどうぞ。


Fさん:活動していても決められない時ってあると思います。そういう時は一人で考えるのはやめて、信頼できるプロに相談するのが一番です。

冷静に判断してくれる婚活パートナーがいることは、一人で婚活していると絶対気づけないことに気づけます。

そして活動が長くなってもあきらめないこと。必ず相手は見つかります。


周りにご縁はあるけどなかなか結婚に繋がらない人こそ相談所での活動おすすめですよ。


・・・・・・・・・・・・・・・

見た目もさわやかで好青年。しかも外資金融会社にお勤めのFさん。

長い活動の末、選んだお相手も女医さんとしてバリバリ働く女性でした。


外資金融などにお勤めのいわゆるエリート男性に話を聞くと結婚相手は人間的に魅力のあるかたを理想とされている様子。もちろんそこにはある程度の美しさは前提なのですが、あわせて社会的地位も必要。

漠然とエリート男性との未来を願ったとしてもかないません。

そこに挑むのであれば、かなり高い自己プロデュース力が必要になります。


覚悟とスキルが必要なエリート目標の婚活。

ご興味ある方はぜひハチドリまでご相談ください!


ハチドリへの無料婚活相談はこちらから


公式LINEで婚活に役立つ情報やお得なキャンペーン、パーティー情報をお送りします。無料の婚活相談も受付中




魅力を引き出す婚活ファッション&メイクのご相談は、

カウンセラー田中が主宰のイメージコンサルティングサロンプルメリアまで

​成婚レポート
最新記事
アーカイブ
カテゴリーから検索
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square