• yuko

アラーフォーこそDIY結婚


アラフォー前後の女性と婚活の話をしていて良く話題に出るのが、

相手に求める条件についてです。

年を重ねて経験を積めば積むほど、

相手に対する評価も厳しくなってしまう話は、

これまでもいろいろと書いてきました。

こんなこととかこんなこと

20代よりも、30代後半の方が婚活が困難になるのは、

年齢というより相手へ求めるものの大きさの違いとも言えます。

先日、アラサー既婚女子と話をしていた際に

彼女が“大人”についてこんなことを言ってました。

「高校生の時は大学生が大人に見えたし、

大学生の時は社会人が大人に見えた。

でも実際になってみると、どのステージでもちっとも大人になんてなってない。

社会人になって10年くらい働いているけど、

50歳オーバーの上司を見たって全然完成されてなくて、

みんな何かしら欠陥があるじゃないですか。

完成した人なんていないんだなって実感してます」

そうなんです。

どんなにバリバリ働いている人だって、

完成してる人なんていなくて働きながら成長していくもの。

婚活の話にもどると、

アラフォー世代の女性はお相手については完成品を求めがちです。

結婚する時点での年収や、女性に対する洗練度、見た目の完成度に、エンタメ度。

結婚相手には完成品を欲しがるけど、

振り返って冷静に自分の完成度を再確認してみましょう。

年収、自立能力、家事能力、癒し度、かわいげ、

若さ(お相手が子供が欲しい時は重要視されます)

すべて満たす独身アラフォー女子って、パンダくらいの希少価値があります。

40歳で結婚したとしても、いまや人生80年。

そこからさらに40年くらいは結婚生活がつづくものです。

だったら結婚はスタート地点。

2人で完成品に近づいていこうという大らかな気持ちで婚活に臨まないと、

それはそれは厳しい道のりになってしまいます。

若いほうが結婚できるというのは、

2人とも未完成を許容できる気持ちがあるから。

自分のことも未完成だって素直に認められる気持ちが重要です。

50歳過ぎたベテランサラリーマンだって、

アラサーの小娘サラリーマンからみたら

未完成だっていわれちゃうんですから(笑)

バリキャリで働くアラフォーサラリーマン女子だって、

まだまだ未完成品です。

それよりは、今は未完成だけど伸びしろを見込める人という視点を持ってみませんか?

どんなに素敵な建売マンションを買ったとしても、

些細な使い勝手について、何かしら不満はでてくるもの。

だったら中古マンションをDIYでリノベーションして、

自分らしい快適な住まいに作り上げれば、

素敵な住み心地と半端ない愛着が手に入りますから(笑)

あなたらしい結婚を叶えるオーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

​成婚レポート
最新記事
アーカイブ
カテゴリーから検索
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

11:00~20:00

​(水曜定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

instaglam

  • Black Facebook Icon

facebook​