• yuko

ダイヤの原石を探せ!

26歳、広告代理店に勤めるK君が、

「僕、全然お金使わないんですよね~」と話しているのを聞いて、

K君はダイヤの原石だ!と思いました。

K君は食にあまり興味がないし、

洋服も昔ほど買わなくなったらしい。

趣味らしい趣味もなく、お金を遣う機会がないとか。

以前の仕事はかなり忙しかったので、

そもそも友達と遊びに行く時間がなかったようです。

その結果お金を遣わない生活になったのかもしれません。

そんなこだわりのないK君はすぐにでも結婚したいそうです。

学生の頃たくさん遊んだから、もはや遊びたい欲求もないし、

早く結婚して落ち着きたいとのこと。

うーん、自分が20代の時は遊びが楽しくて

結婚なんて全く考えられなかったけれど、

これがジェネレーションギャップなのでしょうか。

ちなみに女性のタイプにも

そこまでこだわりがなさそうですが、

どちらかと言うと、派手目のキラキラ女子よりも、

おっとり落ち着いたタイプの女子がいいらしいです。

広告業界の女性は派手で遊んでいる人が多いから、絶対にイヤだとか。

むしろ公務員とか着実な仕事をしている女性がいいとのこと。

「うちの業界の人ってみんな派手だし、女性も浮気してるんですかね?」

と問われた時には、元広告業界にいた私は、答えに窮してしまった笑

多趣味で話題が豊富、すてきなお店もたくさん知っている男性は

確かに一緒にいて楽しいし魅力的です。

そういう相手は恋人には最高でも、結婚相手としては最高とは限らない。

どんなに年収の高い人でも浪費家だったら家計はガタガタだし、

モテる男性は浮気の心配だってありますから。

一見地味に見えるK君みたいな人が

実は結婚相手には最高の条件で、

まさにダイヤの原石なのです。

婚活をしてる女性がお見合後に交際を断る時に

何となく地味でつまらない人なんですよねぇ、という感想をよく聞きます。

派手で多趣味、社交的な人は

そもそも婚活市場には確かに少ないかもしれません。

でも地味さ、こだわりの無さは決して短所ではないのです。

そこに気が付くか気が付ないかも、

婚活を成功させるポイントの一つです。

私たちハチドリとダイヤの原石を探してみませんか?

あなたらしい結婚を叶える

オーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

タグ:

​成婚レポート
最新記事