婚活に勝利するのは自立したシンデレラ


今回お話をお聞きしたのは、

最近WEBコンサルタントとして起業された35歳女性のYさんです。

サラリーマン時代は仕事でいろいろ悩みのあったYさん。

働く女性なら共感できることが多そうなお話でした。

Qお仕事は?

昨年末にWEBコンサルタントとして独立しました。

大学を卒業後コンサルの会社でずっと働いていましたが、

結婚をするタイミングで外資の消費財メーカーの広報宣伝部署に転職をしました。

転職先では2年程勤めたあと、夫が海外転勤になりそのタイミングで退職。

日本に戻ってきてから、WEBコンサルタントとして起業しました。

夫はイギリス人で、ロンドンが本社の金融関連の会社で働いています。

いまは日本と海外を行ったり来たりの生活です。

Qパートナーとの出会いは?

26歳の時です。

なんと、出会ったきっかけはスタバなんです(笑)

会社の近くの行きつけのスタバでいつも見かけるなと思ってた彼。

向こうも私のことは認識していながらも2か月くらいたっていました。

そんな時に偶然お会計でならんでいると前後になったんです。

そしたら彼が英語で話しかけてきて。

私は大学時代にアメリカに留学してたのでたまたま英語は話せます。

対して彼は全く日本語はダメ。

声をかけておいいて、私が英語で返したからびっくりしてました(笑)

私が英語が話せなかったら、もちろん結婚してなかったでしょうし。

ご縁って不思議ですね。

Q結婚までは順調でしたか?

20代中盤のその時期にはお付き合いをしている方はしばらくいなくて。

でもなぜか外国人の男性にモテてた時期なんです。

彼のほかにご飯に行く男性は2人くらいはいました。

比べるわけではないですが、

彼はその中でもダントツに年齢が上。

でも一番お話が面白くて、誠実で優しい方でした。

結局3年程お付き合いしました。

私が30歳の誕生日を迎える前に、

これからどうしようかと自分自身で真剣に考えました。

ライフプランの中で結婚することは決めていたし、

その気のない相手とはお付き合いはできない。

なので彼に「結婚するか分かれるか30歳直前なので決めて!」と迫りました。

彼としては

「欧米の文化で事実婚はあるから、その選択肢はどうか?」

と言われましたが私は日本人でそういう文化はない!!ときっぱり断りました。

いろいろ悩んだみたいですが、結果彼は結婚を決意。

日本でしかも神前式でお式を挙げました。

生粋のイギリス人がのりのりで紋付き袴を楽しんでました(笑)

Q文化がちがって年齢も離れている彼との結婚生活はいかがでした?

結婚して5年ですが、ほぼケンカもなく楽しく暮らしています。

彼は年上ですが私と一緒にいても見た目も中身もあまり違和感がありません。

お付き合い中もなかなか年齢については話してくれなかったので、

彼自身は歳の差について感じるところはあるみたいでしたが(笑)

彼との結婚生活よりも、

その時期は仕事についていろいろ悩みが多かったですね。

入籍の時期と転職が重なって劇的に変化した時期。

新しい職場がものすごくハードワークで、新婚生活どころか普通の生活ができないほどでした。

誕生日もクリスマスも出会った記念日も仕事の私…

結婚後1年後のバレンタインデーに

「19時にこのお店に来てくれなければ結婚生活は終わりだよ!!」

と彼に言われたのにもかかわらず、私がお店にたどり着けたのは21時過ぎ…

当時の女性上司が周囲も認めるパワハラ系で、

私もそれに洗脳されていたのかもしれません…

彼女の求めるものを差し出さなければと強迫観念がありました。

今考えると病気の手前でしたね。

それが2年続いたころに彼が本社のイギリスに転勤することに。

精神的におかしくなっていた私をみて、

彼が「絶対に連れていく!!そうでないとお別れだ!!」と言ってくれました。

その言葉がなければ、

ひとり日本に残ってパワハラに耐えながら死ぬほど働いていたかもしれません。

彼としては何とか私の目を覚まさせなければという気持ちで決断を迫ったんだと思います。

当時は途中で仕事を投げ出して海外に行くことに、

自分と会社に負けた気がして落ち込みました。

でも5年たった今では彼に感謝しています。

そのおかげで自分で仕事をするという選択肢をとることができたのですし。

今は彼の勤務に合わせて日本と海外を行ったり来たりする日々です。

幸いメールとスカイプがあれば、どこにいても仕事ができる職種です。

いまでは仕事と家庭のバランスをとりながら働くという当たり前の幸せを感じています。

サラリーマンの時には実感できなかった感覚です。

結婚のおかげで新しい価値に気づけたのは幸運でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご自身とてもお美しく、中身も芯のあるYさん。

彼との出会いがスターバックスとは!!

本当にそんなおとぎ話のようなことがあるんですね~

とは言え、Yさんが彼に選ばれる容姿と空気感をもっていらっしゃったからこそです。

いろいろな方のお話を聞いていて、

結婚って自分で選んだ方に選ばれる力が必要だとひしひしと感じます。

ご縁を引き寄せる力をつける事。

それは見た目だったり、

仕事に打ち込む姿だったり、

趣味を楽しめる人間性の深みだったり。

なんでも良いので際立つものがあれば、選ばれる人になれるのだと思います。

100人にかわいいねーと言われるより、

自分の好きな人から興味を持ってもらうことが重要なのです。

きっと文化も年齢も違う彼との生活を楽しめるYさんも、

変化を楽しめる好奇心旺盛な魅力があるのだと思います。

真面目に働きすぎて気持ちのバランスを崩す手前になってしまう一生懸命さも、

Yさんの魅力の一つなのでしょう。

結婚することで新しい価値感に気づける。

それって1人では分からなかった世界が広がるということ。

結婚を機に仕事をやめても、それを引け目に感じたりする必要など全くありません。

何が自分にいい影響があるかは、後になってみないと分からないものです。

サラリーマンをやめていたから自分で起業する道ができたと、

選択を前向きに解釈する力があれば、何を選んでも間違いはない!!

間違いのない選択をする為には

それまでの人生をどれだけ豊かに過ごしてきたかがポイントになると思います。

仕事に打ち込んだ時期があってこそ労働の厳しさが分かるし、

趣味の世界が広いほど、様々な価値観があることに気づくし。

婚活についても良く言いますが、

結果はどうあれ一生懸命婚活することは、何一つ無駄な事はありません!!

何事も一生懸命楽しんだ人だけに人生は開けると思います。

楽をしてても、悲観してても、良い結果にはつながりません。

日々を楽しんで、自ら選んだ人に選ばれる婚活を!

ハチドリは強力に選ばれる婚活をサポートいたします。

あなたらしい結婚を叶えるオーダーメイドな表参道・南青山の結婚紹介所

ハチドリへの婚活相談はこちらから

​成婚レポート
最新記事
アーカイブ
カテゴリーから検索
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

11:00~20:00

​(水曜定休)

open hour

  • Instagram - Black Circle

​line

instaglam

  • Black Facebook Icon

facebook​