• yuko

35歳男性コロナを逆手にスピード成婚


今回成婚したのは35歳の男性会員さんです。

コロナ禍でもしっかりと関係を育んで4か月でのスピード成婚でした。


Q:活動期間はおよそ半年でしたね。振り返ってみていかがでしたか?


30代になったばかりのころ転勤で海外にいきました。結婚を意識しはじめたタイミングでの赴任だったので少しの焦りはありました。コロナが流行する前のぎりぎりに日本に帰ってくることができたので、効率的に婚活できる結婚相談所での活動を考えました。

ハチドリはマーケティング要素を取り入れた手法で興味があって、赴任地でチェックしていたんです。で帰国してコンタクトをとって入会することに。


準備してさあスタート!としたところでコロナに。初めての活動だったのでいきなりオンラインお見合いも気が進まなかったので、3月に決まっていたお見合いが延期に。

焦っても仕方ないので緊急事態宣言が明けるまでおとなしくして、その間はお見合いをお申し込みいただいた際にお受けだけしていました。


Q:10人くらいとお見合いされましたね。


ありがたいことにたくさんお申し込みいただいて、いい方にお会いできたと思います。

でもコロナもあってデートも夜遅くまで飲むことが出来なかったり、いつもの勝手とはちがう活動でした。僕はお酒が大好きなので一緒にお酒が飲めることがマスト。それができないのはすこし辛かったですね笑。


3人くらいの方と数回デートを重ねる関係になりました。

僕は自分の周りにいるようなバリキャリ女子で一緒に稼いでくれる人が理想。そういう人とは関係が続きましたね。でも、お付き合いしていくうちに、やはりそういう女性は忙しくてなかなか会えないことがあったりします。


成婚した彼女はフリーランスのデザイナーなので時間の融通がきく人。

1度外でごはんデートをした後にオンライン飲み会をして、3回目には家で映画を見ようということになったのです。

コロナのお陰もあって展開が早かったですね。家デートになると一緒に居る時間も長くなるし。

同時にお付き合いしていたバリキャリ女性は外でのご飯デートから先に進む気配がなくて。結局ははじめの理想とは違う形のパートナーを選びました。



Q:コロナでの婚活はたいへんでしたか?


コロナが無かったら3回目のデートで家に行くことはなかったから、逆にスピードアップした感はありますね。彼女もお酒が好きで食べることも好き。一緒に狭いキッチンで料理したり、外デートができない分、彼女のひととなりを感じる場面が多かったし結婚生活がイメージしやすかったのも良かったです。


あと彼女がとても柔軟な方なのも決めてでした。

コロナ対策って人それぞれ。僕は大雑把な方で3密避けて手洗いくらいを気を付けてあまり神経質にならないタイプ。でも彼女は買い物してきたら買ってきたものをアルコール消毒したいようなタイプ。

「免疫つけるつもりで気にしない!!」と冗談交じりで話したら「それもそうだね~」とすんなり受け入れてくれて。この人だったら気持ちよく生活できるだろうなと思いました。



Q:コロナ禍で婚活する人にアドバイスあれば。


コロナでも出会いはあるし、お付き合いも普通にできます。

真剣に結婚を考えるなら結婚相談所はおすすめです。結婚したい人とだけで会えるのは貴重ですから。

コロナなんかに負けずに頑張って欲しいです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とても好青年の男性会員さん。

ポジティブでエネルギッシュな方なのでコロナ禍での婚活も楽しんでされていたように感じました。


会員さんもおっしゃっていましたが、結婚相手の理想と実際に決める相手が違うことはよくあります。

ご縁が育つ大事なポイントはお互いがしっかり向き合っているかということです。

結婚相談所での活動は数名の方と同時進行することが多々あります。その際に決め手になるのは年齢でも容姿でもなく、しっかり会えて相手からの好意を感じるかどうか。

どんなに条件が良い相手でも自分に向き合ってくれていない相手とはご縁がないと感じてしまうものです。


コロナで映画館に行くのがはばかられるなら、家で映画デートも良いと思います。婚活はいかに結婚生活についてイメージができるかも大事。外デートでは感じられなかった人柄を、自宅デートなら感じることが多いですから。


コロナ禍ならではのスピード成婚だった会員さん。

オンラインデートのノウハウもハチドリには満載です。この時期だからこそのスピード成婚をあなたもぜひ手に入れてみませんか??


ハチドリへの無料婚活相談はこちらから

公式LINEで婚活に役立つ情報やお得なキャンペーン、パーティー情報をお送りします。無料の婚活相談も受付中




​成婚レポート
最新記事