• manami

51歳男性 成婚まで走り続けた3年間



四国のとある街に住む51歳男性Yさんは、3年に及ぶ婚活の末、5歳年下の女性とご成婚されました。その道のりは時につらく厳しいものでした。


*****************


つらい時こそ、アクセルを踏む


Q 3年の間に、転職・四国への引っ越し・コロナと様々な変化がありましたが、婚活にはどのような影響がありましたか?


― 環境の変化もありますが、年齢の変化も大きかったです。活動を始めた時は40代でしたが、50代になると状況が一変して、お見合いが成立しにくくなり、お相手の層も変わりました。そこに加えてコロナです。でもコロナでオンラインが普及したのは、地方在住者にはプラスだったと思います。


Q お相手の希望に変化はありましたか?


― 田中さんから「Yさんがお申込みする人は若い美女ばかり!」と指摘されたことがありました。自覚はなかったのですが…。もっと年齢の近い方、バツイチや子供がいる方にもお申込みするようアドバイスされて、選り好みせず幅広い人に申し込みするようになりました。


Q お見合いから交際につながらない、交際しても1回のデートで終了になることが続き、悩む時期がありましたが、諦めずに頑張り続けることができたのはなぜでしょうか?


― 辞めるのは簡単です。でも、ハチドリではお見合いも交際もそれなりにできたので、仮にあきらめて他の相談所にうつっても、同じことを繰り返すだけと思いました。それにハチドリの男性コースは申し込み数の上限がなかったので、ダメならまた新しい人にアプローチしようと、積極的に申込みました。つらいときこそアクセルを踏んで、気持ちを切り替えることができました。


Q Yさんからお断りするケースはほとんどありませんでしたが、こだわりが強い方ではない?


― 絶対譲れない条件はありませんでした。コミュニケーションが取れて、お互いに歩み寄ることができれば問題ないと思っていました。それに、せっかくのご縁ですから、よほどのことがなければ交際に進もう、交際を続けようと思っていました。婚活を辞めなかったのと同じで、終わらせるのは簡単ですが、せっかくのチャンスを自ら断ち切ることはしたくなかったです。


「安心してついてきて」と言える自信


Q お相手のM子さんとは出会ってからプロポーズまで3ヵ月と順調に進みましたが、結婚の決め手は何でしたか?


― 3回目のデートを高知で予定していたのですが、まん延防止措置が発令されて、僕が県外に移動できなくなりました。その時、彼女が僕の住む街まで行くと言ってくれて。M子さんも四国在住ですが、僕たちが住んでいる場所は四国の端と端で、電車で6時間近くかかるんです。その距離を越えて会いにきてくれたのが一番大きかったです。これまでの交際では、僕からお相手の地域に出向くことが当たり前だったので、彼女の方から歩み寄ってくれたのが嬉しかったです。


Q 50代で結婚できる確率は1%以下(※)と言われますが、Yさんがその1%に入れた理由は何だと思いますか?(※2019年国立社会保障・人口問題研究所の調査データより)


― 「どんな状況でも相手を食わせることができる」というのが僕の売り文句です。自分は転職歴が多く、今の仕事も任期付きです。それがネックで断られることも多かったですが、僕はネガティブなことだと思っていません。大企業に正社員で勤めていても、今の時代、一生安泰というわけではありません。ひとつの会社にしがみつくよりも、状況に応じて柔軟に働き方を変えられることが、むしろ強みだと思っています。だから彼女にも、「安心してついてきて」と自信をもって言えたし、彼女も僕を信じてくれたのだと思います。


Q 結婚相談所で活動するメリットは何だと思いますか?


― ハチドリは大手と違い、きめ細やかなサポートをしてくれました。田中さんから女性視点でアドバイスをもらえたのも大きかったです。もし同性のカウンセラーだったらうまくいかなかったと思います。身だしなみについても、入会時にパーソナルカラー診断を受けられたのは、とても役に立ちました。


Q 現在婚活で悩んでいる方にアドバイスをお願いします。


― やっぱり、諦めないことです。田中さんが伴走してくれるので、二人三脚で走れば必ずゴールに辿り着けると思います。明けない夜はないと言いますが、今は暗い中にいても、ストップしたらそこで終わってしまうので、ハチドリを信じて進み続けることが大切だと思います。


****************


年齢や仕事、地方在住という面で、一般的には結婚のハードルが高い状況だったYさんですが、そのハードルを強みに変え、自分の思いをハッキリ伝えることができたのが勝因と言えます。M子さんも条件にとらわれず、彼の本質を見てくれる素晴らしい女性だったこともありますが、結婚を考えている相手から「自分が守る」とストレートに言われたら、頼もしいと思うものです。


同じような悩みを抱えている方の多くは、どうせうまくいかないと諦めがちです。でも、考え方次第で弱みと思っていることが強みになります。婚活において、自分のトップセールスマンは自分自身ですから、自らのセールスポイントを明確に打ち出し、お相手に伝えることが成婚のカギとなります。自分でアピールすることが苦手なら、私たちのような仲人を活用してお相手に伝えることができるのも、相談所のメリットです。


また、婚活ではたったひとりにだけモテれば良いので、頑張り続ければ必ず自分に合う相手に出会えることをYさんが証明してくれました。


先が見えない中を走り続けることは簡単なことではありません。ひとりでは難しくても、伴走しながら励ます人が近くにいれば、諦めずに、いつかは目的地にたどり着くことができるのです。


あなたもハチドリと一緒に、幸せなゴールを目指しませんか?



ハチドリへの無料婚活相談はこちらから


公式LINEで婚活に役立つ情報やお得なキャンペーン、パーティー情報をお送りします。無料の婚活相談も受付中





​成婚レポート
最新記事